水へのこだわりがスゴいアクアクララ

このエントリーをはてなブックマークに追加

ウォーターサーバーの水にはRO水と天然水がありますが、アクアクララの水はRO水です。天然水もRO水もフィルターでろ過することで不純物を取り除きますが、アクアクララのRO水はその上で逆浸透膜のRO膜で0.0001ミクロン(1/1000万mm)の不純物も濾過するため、純粋な水成分以外の不純物をほとんど含まないビュアウォーターの状態にします。

アクアクララの水製造プラントでは、水のろ過からボトリングまで厳しく管理されたクリーンブースで行われます。また、製造とは別に研究センターを設けていて、常に水質のチェックと管理を行っています

一般的にRO水は不純物を徹底的に取り除くというメリットの反面ミネラル成分まで除去してしまうため、天然水より美味しさが落ちると言われていますが、アクアクララのRO水はミネラル成分をほどよく追加することで美味しさの面でも評価が高くなっています。

実際、モンドセレクション水部門で2012~2014年に優秀品質最高金賞を受賞し、ヨーロッパで最も権威のある協会のシェフやソムリエによる国際味覚審査機構(iTQi)の優秀味覚賞も受賞するほど、水の品質と味覚が評価されています。

安全性についても各種の認証を受けていて、一般社団法人抗菌製品技術協議会によるSIAAマーク、一般社団法人繊維評価技術協議会によるSEKマークの認証を受けています。いずれも、抗菌性において安全な製品であることを認めています。

アクアクララの水は他社と比べて圧倒的に低価格であることも魅力です。12リットルボトルで2000円前後の水もある中で、税抜で1200円となっています。水の料金の価格差というのは多く使えば使うほど積み重なってくるので、会社を選ぶ際の大きなポイントになります。

このエントリーをはてなブックマークに追加

このページの先頭へ