ワンウェイ方式

このエントリーをはてなブックマークに追加

ワンウェイ方式とは、最近注目されているウォーターサーバーの機能です。ワンウェイ方式の特徴は、従来のガロンボトルを使用したタイプのサーバーと違い、機器上部にセットするボトル自体が、入っている水の量に応じて収縮していくことです。その技術の新しさから、「次世代ウォーターサーバー」とも呼ばれています。

ワンウェイ方式のメリットは、なんといっても衛生的なことです。ボトルが収縮することで、ボトル内の空気とサーバーの外の空気が行き来することがないため、雑菌やカビの繁殖を極力減らせる仕組みなのです。蛇口から水をくみ出すとき、この空気の行き来があると、ボトル内に雑菌やカビが入り込むだけでなく、空気の通路となる蛇口が雑菌やカビの温床となってしまうことがあります。

また、ガロンボトルを使用するタイプのウォーターサーバーでは、ボトルは専門業者が回収したのちに消毒され再利用されます。これに対してワンウェイ方式のウォーターサーバーでは、毎回新しいボトルで水が届くため、より安全な水を手に入れることができるでしょう。こうした衛生面でのトラブルを軽減したワンウェイ方式のウォーターサーバーは、ほとんどのレンタル業者が「メンテナンスが不要の機種」として扱っています。通常、水そのものの購入とボトルの交換、機器のレンタル料金とメンテナンス料金などがウォーターサーバーを利用する際にかかりますが、そのなかでメンテナンス料金を抑えることができるため、コストパフォーマンスも良い機種と言えるでしょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加

このページの先頭へ