衛生面で選ぶなら大手で

このエントリーをはてなブックマークに追加

家庭用ウォーターサーバーといっても、機械であることに変わりありませんので、利用するにはある程度のメンテナンスが必要となります。家庭でできる衛生的なメンテナンスとは、水の出る蛇口部分やこぼれた水をキャッチする水受け部分、ウォーターサーバー機器本体の外側や設置場所を綺麗に保つことです。

最近では、「メンテナンス不要」と銘打っているレンタルウォーターサーバーもありますが、いつもコンセントから電源を取っておくことでウォーターサーバーが自動でメンテナンスをしたり、ワンウェイタイプのボトルで雑菌が機器内部に入り込みにくい仕組みを採用していたりする場合になります。したがって、機器の外側についてはこまめに掃除する必要があります。そして、このような「メンテナンス不要」の機器についても、永久的に故障がないわけではないことを頭に入れておきましょう。

価格面で比較的安く流通しているウォーターサーバーでは、ガロンボトルを使用したりたーバブルタイプのウォーターサーバー機器が主流です。このタイプでは、年に一回から二回のメンテナンスが必要で、専門の業者が自宅に訪問してメンテナンス作業をします。メンテナンスにかかる費用は故障や交換の症状によって価格が異なり、契約時に定期メンテナンスにかかる料金を支払うコースや故障などのトラブルが起こった時、その都度支払う場合があります。後者の場合、症状によってメンテナンス料金がどのくらいかかるのか分からない、故障や交換の措置が取られている間利用がストップしてしまう、などのトラブルが多いようです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

このページの先頭へ