赤ちゃんのために導入する

このエントリーをはてなブックマークに追加

成人の体は、約6割が水分で出来ていると言われています。新生児だと、水分量はさらに高くなり、約8割にも達するそうです。それだけ、人間は常に水分を必要としているということです。

妊娠中や授乳中の女性は、食べたり飲んだりしたものが赤ちゃんの体を作る燃料となり、通常よりはるかに多く水分補給をしなければいけません。この時期に、お母さんが水分補給を怠ると、貧血や高血圧などの症状を引き起こす原因にもなります。また、お母さんが摂取した食品や飲料の成分は赤ちゃんに影響を与えるため、できるだけ健康的な食生活を心がけることが望ましいのです。

そして、赤ちゃんは母乳だけでなく、調乳に使う水にも気を付けなければいけません。水道水に含まれる塩素などをできるだけ取り除いた水を使いたいと思っているお母さんが多いようです。最近では、電気ポットでも一度沸騰させた水道水を調乳に適した温度に保温する機能が一般的になっていますが、水そのものの新鮮さとおいしさや、機器の衛生管理の手軽さから、温水をすぐに汲み出せるウォーターサーバーはミルク作りに適していると評価が高まっています。

妊娠中、育児中のお母さんのウォーターサーバー選びでは、水の成分を良く確認しておくことがポイントです。赤ちゃんの体はまだ未成熟で、通常だと「健康に良い」とされるミネラル分が多く含まれた水も大人のように上手に分解吸収することができません。マグネシウムなどの成分が少ないタイプの軟水を選んであげましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加

このページの先頭へ