ウォーターサーバーの選び方の基本は水の比較

このエントリーをはてなブックマークに追加

ウォーターサーバーを選ぶ際に重要になるのが水の種類と料金です。

水を比較するポイントとしては以下の4点が挙げられます。

・安心して飲める水なのか
・軟水なのか硬水なのか
・天然水なのかRO水なのか
・料金はどれくらいか

安心して飲める水なのか

飲料水として安全に飲めるのかという点では、各社とも基準をクリアしています。ただ、飲み水として利用するわけですから、できる限り提供する会社としては大手の会社を選ぶのが安心です。アクアクララ、クリクラ、コスモウォーターといった大手の業者は、運営年数や契約者の多さなどの実績があり、安心感が違います。

軟水なのか硬水なのか

炭酸カルシウムが多く含まれているのが硬水、少ない物が軟水になりますが、日本の水の多くは軟水になります。エビアンなどの欧米の水は硬水が多いです。

日本人には軟水が良く合うとされていて、ミネラルがほどよく含まれていて飲みやすいのが特徴です。

とくに赤ちゃんのミルクの水や子供に飲ませる水としては、硬水の過剰なミネラル分は負担になるため、軟水を使用するのが良いとされています。

ウォーターサーバーで提供される水のほとんどが軟水です。

天然水なのかRO水なのか

ウォーターサーバーに使われる水は、天然水とRO水の二つに大きく分類されます。

天然水は文字通り、水をフィルターにかけて不純物を除いたもので、ミネラルが豊富なのが特徴です。

RO水は、水をフィルターにかけた上で、RO膜というさらに細かな成分も除去できる膜を通すことで、不純物を極限まで取り除いた水です。RO膜は天然水のフィルターよりも、さらに小さな不純物も除くことが可能です。ただ、ミネラル成分まで除かれてしまいますので、後からミネラル成分を追加して飲みやすくしています。安全性がより高くなっているのが特徴です。

大手では、コスモウォーターが天然水、アクアクララとクリクラがRO水を採用しています。一般的に天然水の方が味が良いとされていますが、アクアクララのRO水のようにモンドセレクションに選ばれるほど味が良いRO水も存在します。

料金はどれくらいか

これまで、水質や製造工程などを比較してきましたが、安全性でRO水を採用している会社が少しだけ優位であるという点を除いては大きな差はありませんでした。

そうなると気になってくるのが料金です。水は使用した分だけ費用がかかりますので、単価は安い方が経済的になります。

安心して利用できる大手会社の料金を比べると以下の通りになります。大手3社に加えて、話題のバナジウムを含有する水として人気が高い富士青龍水も加えて比較しています。

一番安いのがRO水を使用したアクアクララ。続いて、RO水のクリクラ。天然水を使用したコスモウォーターは若干水の料金が高目です。一本当たりの価格差は少しでも、継続して購入していくと大きな差が出てきますので、サーバーのレンタル料金など以上に水の料金は細かくこだわりたいポイントです。

まとめ

ウォーターサーバーの水の多くが、日本人に合っていて赤ちゃんや子供にも安心して飲ませられる軟水です。

種類としては天然水とRO水があり、自然のミネラルを多く含むのが天然水、より不純物を取り除いているのがRO水、一般的に天然水のほうがおいしいとされていますが、モンドセレクションで最高金賞をもらっているアクアクララのRO水のようなおいしい水もあります。

ポイントになるのが水の料金で、少しの料金差でも継続して使用すると大きな額になります。料金的に一番安いのはアクアクララです。

アクアクララのウォーターサーバーの無料お試しはこちらです。
水の料金が大手の中で一番安くデザインも豊富です。

このエントリーをはてなブックマークに追加

このページの先頭へ